2019/08/18

日本語の英訳の日本語字幕

「エル・ジャポン」に連載されたエッセイが一冊になった。松田青子さんのエッセイ『じゃじゃ馬にさせといて』。

ステレオタイプに関連するものが多い。

「私が「アジア人」じゃなかった瞬間」も「整理整頓は新しいセクシーも」も。

 後者にNHKワールド制作のTidy Up with KonMari!というこんまりの番組が出てくる。今年、ネットフリックス版が作られた。
そういえば、こんまりの番組で気になったのは、日本語字幕だ。こんまりはだいたい日本語で話すので、字幕がなくても私たちは理解できる。でもこんまりの発言で英語に通訳された部分だけが映像で使われる時は、ほかの英語話者と同じく日本語字幕が出る。すると、こんまりはですます調で話しているはずなのに、日本語の字幕の語尾が「〜だわ」「〜よ」になるのだ。(略)本人が直前まで「〜です」と話しているのにもかかわらず、「〜だわ」とされるのは、思考停止しているような気もしてしまう。この番組と『クィア・アイ』でもそうだけど、ゲイの男性の語尾がちょくちょくいわゆる女言葉に翻訳されているのもおかしい。固定観念を振り払おうとしている番組で、字幕が固定観念から抜け出せていないのは、やっぱり残念だ。
いつも和訳で迷うのが会話の語尾。ステレオタイプと思いつつ、「〜だわ」的をしばしば採用する。それだけで女性であることが伝わり、他に説明がいらないからだ。しかし悩みは消えない。

大阪大学の金水敏さんは、ジェンダーや年齢、職業などに固有の言い回しステレオタイプを役割語と呼び、その役割を追究する。
a. おお、そうじゃ、わしが知っておるんじゃ
b. あら、そうよ、わたくしが知っておりますわ。
c. うん、そうだよ、ぼくが知ってるよ
d. んだ、んだ、おら知ってるだ。
e. そやそや、わしが知ってまっせー
f. うむ、さよう、せっしゃが存じておりまする。
 同じ内容を伝えようとしているのですが、日本語にはこんなにいろいろな言い方があるのだということにまず気づかされます。では、それぞれの文を話している話者はどんな人か、次のリストから選んでください。
 1 関西人  2 老人  3 男の子  4 武士  5 田舎の人  6 お嬢様

2019/08/17

二度読んだ新書を三度読む

数年前、たまたま入った古本屋(奈良かな?)でたまたま買った百円の新書があたりだった。あるインタビューでも推薦したほどである。鷲田清一の『じぶん・この不思議な存在』だ。奥付には1996年発行とある。23年前の本とは思えないほど、現在、未来の本だ。

以下は抜粋。
(清潔志向・接触恐怖→排外主義的な他者(外国人)排除や神経症的なまでの回避としての清潔シンドローム(朝シャンやデオドランド製品の流行や潔癖症などの兆候)といった:引用者注)強迫的なまなざしは他者の排除を動機づけているだけでなく、さらにわたしたちの共同体をその内部から支えもしている。例えば、他人を実名で呼ぶことを回避する「忌み名」という習慣がある。他人をじかに名前で呼ぶことの禁止である。これはふつう接触タブーの延長として解釈されている。名前と身体を同一視するところでは、他人の身体に触れることを禁じる風習は、当然のことながら彼の名前にまで及ぶ。「忌み名」の代表的なものといえば「閣下」とか「先生」という呼びかたがすぐに思い浮かぶが、そもそも他人を名ではなく、姓で「〜様」「〜さん」と呼ぶのも、さらには、目の前の相手を「其方」ではなく「彼方」と呼んだり、複数二人称(vous)や複数三人称(Sie)で呼ぶのも同じ理屈である。
※衛生マスクの流行や、社会的排斥の深化もこの延長上にある。

※フランケンシュタインとはモンスターの名前ではない。彼を造った医師の名前である。
映画(コッポラ監督の『フランケンシュタイン』)の最後のシーンで、(仮にモンスターをFとしよう)Fが「彼〔フランケンシュタイン博士〕はわたしに名前をつけてくれなかった」とつぶやくが、そのことに映画ではとても深い意味が与えられている。
Fは、感情と腕力だけはうまくコントロールできないながらも、すこしずつことばを覚え知力もつけていくが、いろんなひとの肉片をくっつけたつぎはぎのその異様な容貌のゆえに、行く先々で人びとから怖がられ追い立てられる。彼には、呼びかけてくれる他者が存在しないのだ(これが名前のないことの意味である)。そこで、悲嘆に暮れたFは博士を捜しだし、伴侶を造ってくれ、そうしたら彼女と人間が絶対に来ない北の氷原に行って暮らす、という。かつて生命を与えられながら見棄て、いままたいったん受け入れた約束を破る博士への復讐と哀しい結末……。
※映画の中では、モンスターに対して「クリーチャー」(被造物)という呼び名が使われている。名前は呼ばれてこそ。

■ファーストネームで呼ばないことと身体接触への忌避は関係しているかもしれない。

2019/08/06

本土制空基地隊員の日記

書名は『日本大空襲』。著者は原田良次(中公新書全二巻、ちくま学芸文庫)。

1944年11月1日、B29が本土に初めて飛来した日から敗戦に至る日まで、戦場体験を文庫本の余白にメモした内容に、注記を加えたものである。写真を見ると、文庫は岩波文庫の国木田独歩の「運命論者」ほか二編を含むもの。今は出ていない。

以下は抜粋の抜粋である。読むのがつらい箇所ばかり。

11月1日 「B29だ!」「きれいだ!」飛行場のすべての兵隊の目が、脅威と感嘆をこめて、その一点を追い続ける。

11月6日 敵機の高性能に、ただ唖然。
※敵機とはB29をさす。それを日本軍はレーダーで捕捉できない。しかもB29の空域である1万メートルまで上昇するのに日本機は数十分もかかる。勝てるわけがない。

11月8日 朝まだき。「一機、至急整備たのむ」「特攻機だ!」「征く者の気持ちを察して起きてくれ」とやつぎ早である。
 私は、いま個人の意志ではどうにもならない、軍隊のもっとも悪い面を見せつけられて、暗然とした。
※特攻機の準備がついに始まった。

2019/08/05

今朝の一面記事(東京新聞)

8月5日朝刊はこの二つ。

憲法裁判記録 8割超を廃棄

 長沼ナイキ訴訟、沖縄米軍用地の強制使用をめぐる代理署名訴訟など、主に合憲違憲が 争われた戦後の重要な民事裁判の記録、憲法判例集に掲載された137件中118件を各地の裁判所が廃棄していたことが明らかになった。審理過程の文書が失われ、憲法裁判の検証が不可能になった。

※最高裁は各裁判所の判断として回答を避ける一方で、学術研究者からの保存要望が少なかったことをあげた。しかし要望の有無にかかわらず、本来は永久保存すべき対象だ。改憲に向けた動きの一環だろう。

表現の不自由展・その後」中止 騒げば中止の前例に

 民主主義の国でこんなことはありえない、と出展者の一人、中垣克久さんが危機感を表明した。作家抜きの決定はおかしい、とも。彼の作品は、5年前、「憲法九条を守り」「靖国神社参拝の愚」と書いた紙片が政治的とみなされ、東京都美術館で撤去を求められていた。

※見たい人しか行けない場所での展示であり、そもそも憲法まで政治的とされたらたまらないし、政治的でないものなど、この世に存在しない。町おこし、村おこしを主とする人畜無害なアートイベントも楽しいが、日常を可視化する展示は欠かせない。

2019/07/29

「日米地位協定は日本とアメリカの協定

だから、皆さんにもかかわりのあることなんです」

新潟県の苗場スキー場で開かれたフジロックフェスティバル。最終日の7月28日、玉城デニー沖縄県知事は津田大介や元山仁士郎、YOHとのトークショーで「日米地位協定は沖縄とアメリカの協定ではない」「これ以上、子供たちに米軍基地を押し付けることはできない」と語った。

後半、知事はギター片手に「雨を見たかい?」(CCR)と「見張り塔からずっと」(ボブ・ディラン)を歌い上げた。

名護市辺野古の米軍新基地建設に反対する民衆の思いは、急逝した翁長雄志前知事の遺志を継いで玉城氏が当選した昨年9月の県知事選、今年2月の県民投票、4月の衆院沖縄3区補選、フェスティバル一週間前の参院選と、四回続けて爆発。前知事の埋め立て承認撤回を無視し続ける政府。沖縄県民の矛先は基地を押し付け、その痛みに「寄り添う」ことを拒否する政権、そして本土の人々に向けられている。玉城知事の訴えと歌声は、日本に住む大勢の人に向けられた。

今度は私たちが答える番だ。

琉球新報から
「フジロックに玉城デニー沖縄県知事が出演、ギターでボブ・ディラン演奏も。「沖縄」をテーマにトーク」【動画付き】
https://ryukyushimpo.jp/movie/entry-962125.html

「フジロックに出演した玉城知事、ボブ・ディランの歌詞を替え「辺野古」歌う」
オリジナルの「Plowmen dig my earth(農民が俺の土地を耕す)」の部分を「Statesmen landfill my Henoko shore(政治家が俺の辺野古の浜を埋め立てる)」と言い換え、沖縄の現状を訴えた。
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-962533.html


2019/07/26

最初のフォント

15世紀にグーテンベルグが作った金属活字はブラックレター。写本時代に使われたペン字の名残だ。文字幅が狭く羊皮紙の節約になり、写本当時は早く書けるというメリットがあった。読みやすいとはいえない背景には、こんな理由があった。

5分で学ぶフォントの歴史500年(SMARTCAMP DEXIGN)

2019/07/22

党名はイマイチ

 今回の参院選挙の最大のヒットは、山本太郎率いる、れいわ新選組のデビューだろうか。獲得した2議席は船後靖彦さんと木村英子さん。船後さんは筋萎縮性側索硬化症患者、木村さんは重度障害者。画期的な出来事だ。比例での得票率が2%を超え、政党要件も確保。寄付金は4億円に達したという。れいわの伸長は山本太郎に負うところが大きいが、寄付金の集まりを見ると、地べたの勝利と言った感がする。

 れいわという名前は気に入らないけど、ひらがなの分、少しは気が楽。組で終わると、党員は組員?と言いたくなるけど(笑)。

◆最悪は、NHKなんとか党の一議席。こちらはネーミングの妙で勝ってしまった。党首自ら「多数派に与します」と臆面もなく宣言。自民党の極右別動隊となりそう。