2019/12/07

自由、平等、連帯、そして民主主義

斎藤幸平編集の『未来への分岐』を読んだ。副題は「資本主義の終わりか、人間の終焉か?」。いま、そのY字路に立っている。目指すはポストキャピタリズム。

 以下、理解し得た箇所の適宜抜粋、そして備忘録。

▼政治哲学者ハートとの対話から

 新自由主義が増やしたのは投資銀行家や広告業、コンサルタントのような高級取りの仕事。しかしなくなってもかまわない非生産的仕事。むしろなくなったほうが社会にはプラス。そういう状況下で、今まで受けてきた教育や自分の才能が無駄遣いされている。これを最大限に活用できるような社会を人々は要求し始めている。それは資本主義の根本原理と相容れない。

 ウォール街占拠(オキュパイ)運動とサンダース現象の連続性。サンダース旋風は彼がカリスマだから起きたブームではない。オキュパイ運動を支えた人たちの渇望が残っていたからこそ起きた。渇望の表現手段がサンダースだった。彼のスローガンはオキュパイ運動の要求したもの。 オキュパイ運動の「敗北」で問うべきは、なぜリーダーなき運動が持続的社会変革を達成できないままでいるのかという問題。純粋な水平性では不十分。リーダーの有無と組織化とは別問題。サンダースは周囲の活動家たちから学ぶことで選挙運動を発展させた。大事なのは彼の発する声の背後にある運動。「戦術」を練るのがリーダーであり指導者。

 選挙が民主主義のすべてじゃない。「サンダースのような頼りになるリーダーさえ登場すれば選挙で勝利でき、政治の力で世界を変えられる」ではうまくいかない。リーダーの神格化は避けるのが賢明。新しい運動が生み出したものがサンダースのような政治家。運動が新しいタイプの政治家の生みの親。リーダーありきではない。

 資本は地球をコモンとして取り扱えない。それどころか人間と自然のあいだの関係に修復できない亀裂を作り出す。利潤という観点からしか自然を扱えないからだ。つまり資本主義では持続可能な地球の管理は不可能だ。その意味でナオミ・クラインの分析、『これがすべてを変える』は重要である。気候正義を求める運動は新たな連帯を作り上げるだろうと。経済成長ではない発展が必要。教育・育児・介護(=非物質的労働)、低炭素産業で。経済成長とは掠奪で、持続可能性とほど遠い。

 リーダーが存在するモデルの一つとして、バルセロナ市長アダ・クラウの試みが参考になる。彼女はもともと社会活動家で、就任後も社会運動のための空間(議会外からの参画)を奪うことがないよう配慮。つまり統治機構が社会運動を育てようとしている。都市レベルでの自治的な民主主義参画を重視する革新自治(municipalism)の実現をめざす。

▼哲学者ガブリエルとの対話から

 概念が間違っていたら、差別や不平等、資本主義の暴走といった現実的問題の解決に向けた取り組みはできない。現代が困難な時代である理由の一つでもある。哲学は社会を変えるために欠かせない。ポスト真実は客観的事実の危機。誤った信念は私たちの生活を悪いほうに変える力を持った「事実」である。歴史修正主義に対しては「なぜ犠牲者たちを信用しないで、修正主義者を信用しなくてはならないのか」と。相対主義の蔓延で共通の土台を失った。

 相対主義はシニカルだ。相対主義者は、文化・価値観の違い、よその伝統といった自分と異なる存在として「他者性」を作り上げることで自分が見たいものだけを見ている。普遍性を拒絶し、他者を人として見ようとしない。相手を非人間化すれば、差別や排除といった攻撃的態度を簡単に取ることができる。暴力を正当化できる。行き着く先はナチスの強制収容所、パレスチナのガザ地区。

 心地よい嘘は現実を架空の世界に置き換えてしまうパワーを持っている。客観的事実だけでなく、道徳や人権意識も弱体化させる。嘘が公共圏に広がると、民主主義の条件は破壊され、全体主義運動の台頭につながる。投稿に対するファクトチェックを行う専門委員会を設置するまでSNSをシャットダウンすべき。

 たとえばドイツで右翼が難民を嫌い、メルケルの普遍主義政治に反対したのは、恐れからです。メルケルの道徳的行いを許せば、自分たちが価値を否定している人々と、自分の富を分け合わなくてはならなくなる。富を失う、と遅れている。そういう人たちがポスト真実に夢中になる(ニーチェ主義)。

 フーコー、デリダ、ハイデガー、ニーチェはすべて他者を非人間化する考えの持ち主だった。

 社会構築主義の問題点。社会的事実を幻覚のように捉える。

 実在論=事実そのものに態度を合わせるべきだとする考え方。新実在論=事実はそこにあるのではなく、ここにもある。主体・客体、心と世界、社会と自然といった区別そのものに欠陥がある。

 日本人の識字率は100%近いそうだが、現制度では哲学的思考を教えていない。すべての子供たちが哲学教育を受けられるようにすべきだ。哲学のトレーニングを小学校低学年から行う必要がある。

▼経済ジャーナリスト メイソンとの対話から

 情報技術の発展は、ドラッカーが『ポスト資本主義社会』で指摘したように、現在の資本主義システムが継続できないほどの変化をもたらす。「潤沢な社会」、たとえば音楽産業。一度音源さえ作れば追加費用をほとんどかけずに世界中に広げていける社会。新聞、書籍、オンライン教育しかり。オープンソースによる知のシェア。リサイクルの徹底化。多くのものやサービスが無料になっていく傾向がある。『限界費用ゼロ社会』で「価値の破壊」が起き、資本主義は終焉を迎える。ポストキャピタリズム社会の到来。

 ポストキャピタリズムへと導く4つの要因。1 限界費用ゼロ(利潤の源泉の枯渇)、2 高度なオートメーション化と労働の定義の変化(仕事と賃金の分離)、3 正のネットワーク効果(生産物と所有の結びつきの解消、正の外部性)、4 情報の民主化(生産過程の民主化、例:キンドルのスペルミスを誰かが発見すると、新しいバージョンがアップされる)。

 ポストキャピタリズムへの移行を阻む4つの要因。1 市場の独占(限界費用ゼロ効果に対する抵抗、例:高額のiPhone)、2 ブルシット・ジョブ(クソくだらない仕事のこと。オートメーション化に対する抵抗)、3プラットフォーム資本主義(プラットフォーム利用料の徴収とビッグデータの販売。正のネットワーク効果への抵抗)、 4 情報の非対称性を作り出す(情報の民主化への抵抗)。

ポストキャピタリズムには資本側だけでなく、労働者からも抵抗がある。オックスフォード大学のリサーチ(左図)が当たるかどうかはさておき、大変化が起きる可能性は高い。

 勤労を熱望している人々がいる事実をどうするか。労働の場は社交の重要な場であり、自己実現や社会的承認の場でもあるからだ。他方、そうではない現実もある。大事なのは仕事以外の生活や人生があることを人々に伝えること。雇用創出ではなく、人間性に重きを置いた生活を創出することのほうが重要。

 インターネットを通じて単発の仕事を発注するギグエコノミーが大きな問題になっている。機械化できる仕事をわざわざ大勢の人にやらせるブルシット・ジョブも問題。

 フェイクニュース排除に対する喫緊の対策はインターネット上の匿名性を根絶すること。情報の非対称性をなくす(コントロールする側とされる側との乖離をなくす)。ビッグデータ・リポジトリを私たちの手で管理することが不可欠。

 小規模な抵抗、水平主義のプロジェクトが重要。ポストキャピタリズムは人々のこうした実践から立ち上がるものだから。

 人間の判断よりもAI(アルゴリズム)の判断のほうが優位な時代(シンギュラリティ=技術的転換点)にどう立ち向かうか。

 政治の世界ではリベラル派が一番弱く、自信を失っていて、「人間の名において私たちは人権を要求する」と主張しづらそうにしている。リベラリズムを復活させなければならないが、それがマルクス主義ヒューマニズム。人間中心主義的世界観。

 エコロジカルは個人レベルの消費活動で解決できる問題ではまったくない。生産の次元が決定的に重要。環境危機は資本主義の決定的問題点をクリアにしている。新しい動きが出ている。たとえば、アメリカのグリーンニューディール*。これが法制化されれば、経済主体としての国家が復活を遂げ、規模の再分配的正義と環境正義の融合が実現する。

*

  • 温室効果ガス排出ゼロを目指す
  • 再生可能エネルギー等のゼロエミッション源で電力需要に100%対応
  • 交通システムを抜本的に見直し、ゼロ・エミッション車や公共交通、高速鉄道へ投資
  • 気候変動関連の災害への強靭性構築、インフラ更新、建造物の設備更新
  • クリーン製造業の振興、農家・酪農家との協力
  • 送電網の構築・更新
  • 強力な雇用・環境保護を伴う国境調整、調達基準、貿易ルールの採択と執行
  • 質の高いヘルスケア、住宅、経済セキュリティを全国民に提供
 グリーンニューディール政策は、周辺部からの搾取の上に先進国の現状が成り立っている事実について反省が前提である。グリーンニューディールをポストキャピタリズムにつなげていくためには社会運動が必要である。

 ケインズは芸術を重視していた。万人のための芸術は人間解放の第一歩であると。国家はしたがって芸術の活動を助成すべきである。

* * *

 3人に共通する価値は「自由、平等、連帯、そして民主主義」。解放への道は人々の下方の集合的力。「社会運動や市民運動が大事」は今こそ。

2019/11/30

みんな逝ってしまった

新聞の訃報と年賀欠礼の通知で、小林さんと安塚さんが亡くなったことを知った。小林さんは77歳、安塚さんは72歳。

小林さんにはいちばん最初の職場でお世話になった。大学に転出されてからも何かと声をかけてくれた——共訳、共著、受託研究、早稲田大学の非常勤講師。趣味の世界では、BOSEのスピーカー、活版、宋朝体、それぞれの味を教えてもらった。非常勤先に行く途中のKさんにばったりということも何度かあり、元気な姿しか残っていない。晩年はネット古書店を開設。レイバンの定番Aviatorサングラスをかけた、芸術家肌のメディア学者だった。

安塚さんは学部の大先輩。ほとんど家庭教師のように、大学院の受験勉強を支えてくれた。そのときのテキストはラルースの心理学小事典。それが終わったら、のちに白水社から出た『現代心理学』(ピアジェ監修)の底本。おかげで入試の個人面接で、フランス語のできを褒められた。ボクが進学してからも、勤務先の非常勤講師を斡旋してくれたりと、ずっと支えてくれた。数年前に配偶者を見送り、それ以後はふさぎがちだった。欠礼の通知はお子さんからだった。

磯貝先生(学部)、辻先生、篠原先生(ともに院)、佐藤先生(研究会)、本田先生(研究会)もすでに亡く、ついに恩師はみんな逝ってしまった。寂しい。

2019/11/29

「インタビューを書く」

紀要に書いた論文が図書館のリポジトリーで公開されました。最終ページに掲載した書誌情報に誤りがあったため、その修正版を自分のホームページに掲載しました。それが下記の[PDF]です。

インタビューを書く
『コミュニケーション科学』50号, 134-140.[PDF

インタビュー記録の書き方に絞った論考です。インタビュー教材になれば、との思いから書きました。意外にないのです、書き方の指南書。インタビューそのものについても書きたいと思っていますが、いつになることやら。

次号のコミュニケーション科学に、ちょっとした思い出話を書きました。題して「レヴィンの贈り物」。来年2月に発行の予定です。

2019/11/28

メモ:映画と本とミュージアム

2019

9月
ヨゼフ・チャペック(増田幸弘・増田 集 編訳)
独裁者のブーツ イラストは抵抗する共和国
「民主主義がいかに脆弱かをお見せしよう……」

11月
農民美術・児童自由画100年展
11月30日(土)~2月24日(月)
サントミューゼ 上田市立美術館

12月
天空ノ鉄道物語
12月3日(火)〜2020年3月22日(日)
森アーツセンターギャラリー&スカイギャラリー

アニエスによるヴァルダ
12月21日(土)〜
シアター・イメージフォーラムからスタート
今年3月、90歳で亡くなった映画監督、ヴァルダの遺作。ボクは昨年「顔たち、ところどころ」で知ったばかり。とてもチャーミングな人だった。
ヌーヴェル・ヴァーグ誕生前夜の1954年に製作された長編劇映画デビュー作「ラ・ポワント・クールト」と、事務所兼自宅を構えるパリ14区の商店街の人々の暮らしを点描した1975年のドキュメンタリー「ダゲール街の人々」も、今回、劇場初公開。

2020

4月
弘前れんが倉庫美術館
Hirosaki Museum of Contemporary Art
4月11日開館
プレスリリース

鳥居慶佑@KeisukeToriiさん
弘前観光案内ルート。旧五十九銀行本店本館弘前市民会館弘前公園藤田記念庭園スターバックスコーヒー弘前公園店(有形文化財第八師団長官舎)→弘前れんが倉庫美術館→焼肉。

2021


八戸市美術館(リニューアル)



2019/11/27

ミュージアムめぐり@青森

先日、青森を回ってきた。意外に暖かく、用意した防寒グッズ(マフラー、手袋、ダウン)は使わずにすんだ。三日間とも快晴。

1日目 => 新青森駅 -> 青森県立美術館 -> 青森駅

2日目 青森駅 -> 浅虫温泉駅 -> 駅前足湯(混浴)-> 浅虫温泉駅 -> 三沢駅 -> 寺山修司記念館 -> 三沢駅 -> 八戸駅

3日目 八戸駅 -> 十和田市現代美術館 -> 八戸駅 =>


*一言コメント

森県立美術館は館内が見事に真っ白(青木淳設計)。部屋の出入り口はドアで閉じられている。設計者は街の中を歩くように回ってほしいそうだが、けっこう迷う。同じ場所を行ったり来たり。奈良美智のあおもり犬は8.5m。
今回は企画展がよかった。子供たちの版画、特に紙版画はなつかしい。ボクも小学生のころ、図画の授業でやった。青森には綴り方ならぬ版画による教育運動があった。ついでながら安藤昌益の文章を初めて読んだ。人は米なり。

山修司記念館の館内は薄暗く、懐中電灯で歩くような感じだ。
高校生のとき、書道の時間で「あゝ荒野」を書いたのが彼との最初の出会いだった。東京に行ったら天井桟敷に行こうと思っていたが、けっきょく行けなかった。が、天井桟敷も記念館も設計は栗津潔。少しは当時を味わえた気持ち。
三沢駅と寺山修司記念館のあいだは無料バスが運行している(ふだんは土日だけ)。そのバスを待つあいだ、三沢駅前に一軒しかない食堂でほっけ定食を食べた。まだ時間があったので、周辺にある寺山修司ゆかりのスポットを散策。彼の育った場所を少し味わえた。かくれんぼで鬼にさせられることが多かったという墓地も(当時のいじめ)。寂しい雰囲気なのだが、侘しくはないのが不思議。

和田市現代美術館は、建物の雰囲気が金沢21世紀美術館と似ている。金沢は妹島和世と西沢立衛のユニット。十和田は?と調べたら、西沢立衛だった。建物自体は小さいが、通りの向こう側や町中にも作品が展示されている。それらを含めると広い。市内はゴーストタウンのようにガランとしているが、美術館の周辺だけは人だかりがしている。
八戸駅から十和田市現代美術館へは割引パスがある。乗車時間は1時間強。しかし遠い感じがしないのが不思議。

青森で会った人はみな暖かだった。また行きたい。今度は本八戸と弘前へ。

2019/11/07

新装なった『現代用語の基礎知識』

2020年版が出た。電話帳スタイルから一新。新創刊と謳う本書は、これまでの1200ページから300ページと、1/4の厚さになった。

今回ボクが担当したのは、【樹木希林】と、「▼日米地位協定は……」の玉城デニー発言。






樹木希林については永江朗さんも執筆している。見出しは「樹木希林ブーム」。こちらはいわば樹木希林現象を扱っている。ボクのほうは人生に焦点をあてたつもり。

2019/10/30

連載:名字・名前と漢字

名字・名前と漢字(笹原宏之

 日本人の名字はおもしろい。「服部」をハットリ、「小鳥遊」をタカナシと読むのはなぜ? 「大谷」はオオタニ・オオヤ、「中島」はナカジマ・ナカシマと、読み方が分かれる理由とは? 日本には、中国の王(ワン)氏、韓国の金(キム)氏のような漢字一字の音読みの名字はないのか? 「佐藤」と「藤田」などの人口が、地域によって異なるのはなぜ? ハンコからはみ出すほどの日本で最も長い名字とは?

 下の名前は、さらにおもしろい。「苺」は2004年に解禁され、すでに幼稚園では当たり前になってきた。「一二三」はワルツ。では、「三二一」は何と読む? 森鷗外は自分の子供に於菟(おと)、茉莉(まり)、杏奴(あんぬ)、不律(ふりつ)、類(るい)と欧風の名をつけた。では、今日の命名と鷗外の頃の命名とは、何が違うのか?

 この連載では、日本語を構成する重要な固有名詞である名字と名前のおもしろさ、その実態と背景に迫っていく。


第1回 世界の名字事情―日本人の名字を知るために

第2回 漢字圏の名字事情(1)―中国と台湾

第3回 漢字圏の名字事情(2)―韓国とベトナム

第4回 ローマ字圏の名前

第5回 漢字圏の名前

第6回 日本に多い名字とは?(1)

第7回 日本に多い名字とは?(2)
 日本の名字ランキングを作った男、惣郷正明の調査から

第8回 鈴木か、佐藤か―日本に多い名字とは?(3)
 戦後行われた名字調査の歩み

第9回 民間の名字ランキング―日本に多い名字とは?(4)
 企業・個人がデータを使って算出した名字ランキングの軌跡

第10回 日本の名字と名前
 日本の名字や名前に関する昨今の状況