2017/06/20

よくしたいからと「わが国」

芦原義信『街並みの美学』。どのページにも、しかも複数、「わが国」が出てきて、そのつど思考が止まっていたのだが、読み進むうちに、忌憚のない記述が、それを克服してくれた。

『街並み』は1978年の本。もう40年前。この間、かれの提案が実現されていたら、と思わずにはいられない。

本書は、街並みガイド、建物ガイドである。街並みや建物の見方を教えてくれる。その先には日本社会への提案がある。隣地との50cmを道路側にもっていき、両側で1m幅の前庭をつくる。前面道路を内部化する提案だ。巨大な公共空間は道路にじかに塀を建てない。少なくとも5m、10mは後退させる(塀はないに越したことはない)。彼が注目した六義園の金網付き煉瓦塀(刑務所のよう。せめて生垣に)や、小石川植物園の万代塀は、いまどうなっているのだろう。

つぎの提案は、袖看板類の禁止。アマゾンなど外資系ショップは袖看板がない。そのため通りすぎることもある。しかし、そのぶん、建物が映える。街並みが落ち着く。電柱の廃止、路上物(街灯やベンチ、案内板)の調和も提案されている。
「身近な小さなものからでも実践にうつすことを提唱したいと思うのである」。

芦原さんの発想の前提にあるのは、自分の家の外側までを内部と考えること、あるいは家を外部と考えること。二領域の空間を同視することである。それですぐ頭に浮かんだのが、階段の上り下りの矢印だ。家の階段につけているという人はいるのだろうか。つけざるをえない混雑ぶりはわかるが、上下矢印をつけない選択肢もありうる。人間の学習能力に期待する発想だ。時間はかかるかもしれないが、試してみたい実験ではある。



古書をアマゾンで買うと、最低でも250円する。古本屋では、それがアンカーになり、これよりも安いものが見つかると、買ってしまう。古書店に行く機会も増えた。芦原さんのこの本(同時代ライブラリー)は、正続2冊で210円。

2017/06/17

Jetten et al. 2017:経済格差のインパクト

「経済不平等に対する反応と社会的アイデンティティ」
Jolanda Jetten, Zhechen Wang, Niklas K Steffens, Frank Mols, Kim Peters, Maykel Verkuyten
2017
A social identity analysis of responses to economic inequality
Current Opinion in Psychology, Volume 18, Pages 1–5
https://doi.org/10.1016/j.copsyc.2017.05.011

ポイント
・不平等の進行は社会の社会的・政治的活気を減じる
・経済不平等は財産格差を促し、「われわれ」対「かれら」という力関係を強める
・不平等を問題と扱うためには、不当なものとして可視化、評価することが必要である
・社会構造的文脈は不平等が不当なものとみなされるかどうかの認識を形成する
・不平等に対する反応の貧富集団差は関心のちがいを反映する

Highlights
• Growing inequality has hidden costs for societies’ social and political vitality.
• Economic inequality enhances wealth categorizations and ‘us’ versus ‘them’ dynamics.
• For inequality to be seen as a problem, it needs to be visible and appraised as unfair.
• The socio-structural context shapes perceptions whether inequality is perceived as unfair.
• Wealthy and poor groups responses to inequality reflect different concerns.



同誌から2編。

Current Opinion in Psychology
Volume 19,   In Progress   (February 2018)
特集 Aggression and violence

「さまざまな文化や文脈における暴力の予防と抑止」
Aggression prevention and reduction in diverse cultures and contexts
Pages 49-54
Farida Anwar, Douglas P Fry, Ingrida Grigaitytė

Highlights
•Nonviolent social norms and values can play an integral role in reducing aggression.
非暴力という社会規範や社会価値は攻撃抑止にとって欠かせない働きをしうる
•Societies can promote peaceful values through nonviolent childrearing practices.
社会は非暴力子育ての実践をつうじて平和の価値を促しうる
•A well planned nonviolent resistance can win rights with little bloodshed.
十分に練られた非暴力抵抗はほとんど流血なく権利を手にしうる
•Media coverage can promote nonviolence as a promising alternative to violence.
メディア報道は暴力の有力な選択肢として非暴力を促しうる

「武器効果」
The weapons effect
Pages 93-97
Arlin James Benjamin Jr, Brad J Bushman

Highlights
•The mere presence of weapons increases aggression—called the weapons effect.
武器の存在そのものが攻撃を増す(いわゆる武器効果)。
•Weapons prime aggressive cognition.
武器は攻撃認知を促す
•Weapons influence primary and secondary appraisal processes.
武器は一次的にも二次的にも状況判断過程に影響を及ぼす
•The weapons effect is replicable both in the US and internationally, across student and non-student samples, and in both lab and field experiments.
武器効果は米国でも国際的にも見られる。それは学生サンプルでも非学生サンプルでも、実験室実験でもフィールド実験でも

2017/06/16

改名の判例

日本は改名の敷居が高い(最近の申請件数は年間で7千件台)
一度つけた名前(戸籍名)を変えるには、戸籍法により家庭裁判所の審判で「正当な理由」があると認められた場合に限られている。正当な理由とは、以下の5項目。

(1)珍妙な名前や、難しくて正確に読まれない名前
(2)同姓同名がいて不便
(3)異性、外国人とまぎらわしい
(4)神官、僧侶になった場合や商売上の襲名
(5)通称名を長く使っている

言葉尻?をとらえると、たとえば、珍妙とは?、たとえば不便とは? ときりがないが、認容率は7割台にとどまる。他のアジア諸国で見られるような運勢による改名は認められていない(たとえば、台湾は3回まで変更でき、その理由に運勢も含まれる)

実際は裁判官の考え方にも左右され、安岡孝一さんの日記記事 「玻南ちゃん命名事件」の判例解説(2011年1月31日)にもあるように、改名承認の基準は一貫していない。中期的戦略としては(5)がありうる。

法学的には、命名は本来、本人が行うもの。しかし現実には無理なので、誰か(多くは親かな)がそれを代行すると解釈されている。したがって、本人の意向で、上記以外の理由でも改名できるようになってもいいのではないだろうか(日本の場合、改名申請は本人が15歳以上とされている)



韓国の改名(ハングルドットコム韓国語教室)


2017/06/14

犠牲!?

あるデザイン関係のシンポジウム、登壇者はデザイナー3名。

質問タイムで、フロアーから女性(同業者だろうか)が発言した。

「今の職業に就くために犠牲にしたことはありますか?」

ふられた2人の男性デザイナーはちょっと考えて、「ないですねえ」と応じた。
残った女性デザイナーは「ある」と言い、「結婚です」と続けた。

そのあっけからんとした発言に、進行役の男性デザイナーも驚いたのか、「ずいぶんはっきり言いますねえ」と笑いながら応じた。

会場からも笑いが起きたが、よく考えると、笑えない。

時間切れで、結婚を断念した理由に話は及ばなかったが、仕事が楽しくて、というふうには見えなかった。



こんな記事があった。
【デザイナーは結婚できない職業 !?】未婚が多い理由とは?

デザイナーが結婚できない職業とは知らなかった。

くだんのデザイナー(なんとかデザイナーではなく、「デザイナー」の前に何もつけないのがいい)には結婚意思がある。質問は過去形だったが、回答も過去形にならないよう願うだけである。

2017/06/13

ダイ・ハード3の二重構造

 戸田山和久さんの連載「とびだせ教養」がおもしろい(ちくま)。第3回は「たかが知識、されど教養」。

知識がないと、ダイ・ハードだってわからない !
 「ダイ・ハード」はよく知られたアクション映画。
 しかし……

 ダイ・ハード3にこんな場面が出てくる。前段がわからないと雰囲気も事情もわからないが、そこは本編を読んでほしい。日本語字幕で再現すると、こんな感じになる。

マクレーン「悪かったよ」
ズース(アフリカ系男)「ジュースと呼んだな ?」
「違うのか ?」
「ジュースじゃない。俺の名はズース(ゼウス)だ。ギリシア神話に出てくる。ゼウスはたたりの怖い神だぞ。文句あるか ?」

 これを、彼が「ちゃんと訳すと次のようになる」。

「オーケー、ヘズース。巻き込んじまって悪かったな」
「どうして、さっきから俺のことをヘズースって呼ぶんだ。プエルト・リコ人に見えるか ?」
「さっきの奴がヘズースって呼んでたじゃないか」
「そうじゃない。あいつは「ヘイ。ズース」って言ってたんだ。俺の名前はズースだ」
「ズース ?」
「ズースだ。オリンポス山の。アポロンの親父と同じ。俺を怒らせるとケツの穴に雷落とすぞ、のズース(ゼウス)だ。文句あるか」

 ヘズースはイエスのスペイン語読みで、ヒスパニック系にはよくある名前らしい。ニューヨークでヒスパニックといえば、まずプエルト・リコ人。マクレーンがヘズースと聞き違えたのを訂正する際、ズースが「プエルト・リコ人に見えるか ?」と言うのはそういうわけだ。
 これでも、会話がよくわからない。実は単なる名前の間違いではない、と、このあとの場面を説明してくれる。よきサマリア人がの譬え話が出てくる。考察が一段と深まる。教養のなせる技だ。

 ジェームス・キャメロン監督は、ターミネーターについてインタビューでこう言っていると、紹介してくれている。

 プロデューサーのゲイル・ハードと僕は二つのレベルでうまくいく映画をつくろうと考えた。12歳の子が、こんないけてる映画見たことないと思うようなアクションとして、そしてスタンフォードの45歳の英文学教授には、社会政治的意味合いが隠されていると思ってもらえるようなSFとして。

 勉強がまったく足りない、と痛感。

2017/06/12

「合法」的兵役拒否

1873年、徴兵令が出る。はじめは免役規定があった。

  1. 一家の主人
  2. 一家の跡継ぎの息子や孫
  3. 一人息子や一人孫
  4. 養子

この免役規定知識を広める人間がいた。実質、兵役拒否運動家でもある。
 その人たちは、あそこに子なしの家があるということを教えてやっている。すると、子だくさんの親類からは非常に頼もしがられる。あそこに廃絶した家があるとそれを再興したりして、どんどん新しい名字を名乗って、家の長男とか養子にした。これを兵隊養子とか兵隊分家とか呼んだ。そのときに新しい名字をつくって、それを今日まで伝えている家は少なくない。自分の名字が、明治の兵役拒否運動のなごりであるという人は、いまも全国にたくさんいる。自分の名前の意義を深く考えれば、そのなかに先祖の兵役拒否の願いがこもっている。そこに思想史的な血脈がある。
鶴見俊輔 2016 「兵役拒否と日本人」『敗北力』所収


名字自体に特徴があるわけではないだろうから、該当者を発掘するのは大変そうだ。