2017/11/19

真の意味での個人主義

19日の東京新聞サンデー版、「発達障害」特集。

 発達障害は、自閉スペクトラム症(ASD)、注意欠如・多動症(ADHD)、学習障害(LD)の総称。

 関わり方のポイントとして、3点が紹介されているが、これは発達障害者に限らない。どころか、すべて人間共通。

◎否定ではなく肯定で伝える
◎叱るよりほめる。成功体験を与えよう
◎ひとりひとりの特性を理解し、寄り添った支援を

ほら、ね。

 おもしろかったのが、自称「選択的発達者」、小説家、市川拓司さんのコラム。

「発達障害だからできたこと」

 ぼくのような人間が平均の基準となったらどうでしょう?(略)ぼくのような人間がマジョリティーになれば、彼ら(引用者注:いわゆる多数派)は選択的発達者ということになります。みんなどうにも元気がなくて、声が小さくて無口で、「活力に欠けた生徒」とみなされます。でも、ぼくの国では彼らを「障害者」とは呼びません。というのもぼくらは「相対的なものの見方」をするからです。多様性が当たり前。当然差別の概念もありません。集団への帰属意識が極めて薄いことが理由なのかもしれません。
 真の意味での個人主義。同調圧力はナンセンスであり、排他主義者の言葉はチンプンカンプン。ヒエラルキーは存在せず、女性は男性から崇拝されています。嘘つきはおらず、争いを極度に恐れ、かつ集団行動が苦手なので、軍隊も存在しません(整列させるそばから、みんなどこかへ行ってしまいます)。すごく変な国です。でもとっても平和です。

整列させない国、いいなあ。

2017/11/18

17歳で初めて

「17歳、生まれて初めて自分の名前が書けた」
夜間中学卒を誇りに生きる男の記憶
ハフィントンポスト』2017年11月18日

 ちびた鉛筆で、たった6文字を書くのに何日かかったかわかりゃしない。当時17歳。生まれて初めて自分の名前が書けた時、心臓がドキンドキンって高鳴り、手が震えた。

 そのうち俺は「漢字の名前も教えてくれ」って頼むようになった。そしたらおじいさんが、拾った辞書で「高野雅夫」って教えてくれた。

 「高※」という字、古い辞書だったから旧字体の「はしご」の「高※」を使ってる。だから普通の「高」の字を書かれると、俺ではないと思う。

 「高※」の字にはおじいさんの歴史と俺の命が込められているから、絶対的にこだわっている。だからはんこも、作った戸籍もみんなこの「高※」。

※いずれも「高」の旧字体ですが、機種依存文字のため、新字体にしています。

2017/11/17

病牀六尺

子規庵に三川で行く。

 子規庵は、正岡子規の旧居を再建したもの。本物は1945年の空襲で消失。「ほぼ当時のままの姿」という彼の終の部屋の特製の机(曲がったままの左足が納まるように天板に切り込みがある)に座り、窓の外のヘチマをながめていると、34歳11ヶ月で亡くなった彼の気持ちを感じた気になれる。

 「病床六尺、これが我世界である。しかもこの六尺の病床が余には広過ぎるのである。僅わずかに手を延ばして畳に触れる事はあるが、蒲団の外へまで足を延ばして体をくつろぐ事も出来ない。甚だしい時は極端の苦痛に苦しめられて五分も一寸も体の動けない事がある」。

 子規の成人後の身長は5尺4寸(163.6cm)で、体重は13貫740匁(51.5kg)。ちなみに、漱石は159cm、53kg(23歳当時)。割合、似ている。

 今年は子規・漱石の生誕150年。新宿、松山と、ゆかりの地で記念の催し物が開かれている。

 その後、昼食をとり、あの「ひだまりの泉 萩の湯」へ。ここがいい。銭湯料金で、中は総合休憩施設。朝湯もある。近所だったら毎日行きたいぐらい。

 契約社員を募集している。当店のスタッフは休日も銭湯入り放題! 萩の湯と寿湯で無料でお風呂入り放題!
・仕事内容:銭湯フロント受付、清掃、簡単な機械操作
・勤務時間:5:50-15:10(休憩80分)
・休日  :1ヶ月9日のシフト制
・給与  :月給26万円
・交通費 :1ヶ月上限12,000円
・資格  :18歳-50歳位までの男性

 寛永寺、そして国際子ども図書館と回る。名前とは異なり、子どもの姿が見えない。館内でRX0で撮影している男性に出会い、しばし話を聞く。昔のスパイカメラのような雰囲気。



小さな変化
 スーパーのカゴが精算の前後で変わる。色が違う。買い物用は赤、精算後はオレンジ。店によっては精算後のカゴには取っ手がない。万引きが多いのだろうか。
 ゴミの出し方。数件単位ぐらいであったゴミの集積所がなくなり、個別。家の前に出す。奥まった家の回収作業は大変そうだ。

2017/11/16

拝外主義のルーツ

遠藤正敬(まさたか)さんの『戸籍と無戸籍』を読み始めた。以下は、斜め読みの記録(※はボクの補足)

カテゴリー別登録
 大日本帝国は、民族別に登録制度を区分していた。朝鮮戸籍と台湾戸籍。さらに後者は漢族と漢族以外の原住民(アミやタイヤル)で、台帳を分け、前者は戸口調査簿、後者は蕃社台帳などで管理。※蕃社とは「日本統治時代、台湾の先住民族(高砂族)の集落や集団に対する呼称」(大辞泉)である。ちなみに蕃は「未開の異民族」を、「社」は祭祀さいし集団を意味する語。
 これらは「帝国臣民」の枠内で被支配民族を重層的に差別するものである。戸籍の発想は、国家による差別を合理化する目的もになっている。
 韓国は2008年に戸籍制度を廃止、個人単位の家族関係登録制度に、台湾は〈戸籍〉という名称は変わらないものの世帯単位に登録になっている(遠藤『戸籍と国籍の近現代史』参照)

本籍不明と無戸籍の違い
 日本人が本籍を置く場所で最も多いのは皇居、つまり東京都千代田区一番。そのほか、富士山頂や大阪城に置く人も多数いる。

戸籍は臣民簿
 天皇と皇族は戸籍法の対象外。戸籍は臣民簿だからである。第二次世界大戦の敗戦でも変わらなかった。戸籍を持たないので、住民票も投票権もない。天皇と皇室を「国民」と見なすべきか否かは定説がない。

戸籍を棄てる「日本人」:徴兵逃れと戸籍偽装
 徴兵対象者から「一家の主人」「独子独孫」、養子、家産・家業の管理者ははずされていた。「家」をなくしたくなかったからである。これに注目して、戸籍偽装も。

無戸籍者への徴兵をどうするか
 徴兵忌避のための脱籍行為をなくすため、修身の教材で、兵役を国民の「義務」のみならず、「権利」であり、「恩恵」であるという自覚を促した。

不文律となった排外主義
 1946-47年。総司令部民政局は戸籍の純潔主義を批判の的にした。しかし司法省は、これも含め、戸籍という名称や家族単位の管理を守りきる。実質的に家制度は残ったまま。

戸籍と住民票の関係
 戸籍はあっても住民票はないという日本人は174万人。

終章は「戸籍がなくても生きられる社会へ」。

問われる戸籍の価値
 今日まで維持されてきたのは、国民管理制度として以上に、道徳律(信仰心)としての役割を託されてきたからである。国民意識や「血」意識の醸成、家意識の保持。※「籍が汚れる」はもとより、結婚を入籍と言う人についても、この感が強い。
 マイナンバー制度は戸籍意識解体の導火線となるだろうか。



 本書は、第39回サントリー学芸賞を受賞している。以下は、評者玄田有史さんの選評である。

〈社会・風俗部門〉
遠藤正敬(早稲田大学台湾研究所非常勤次席研究員)
『戸籍と無戸籍 「日本人」の輪郭』(人文書院)
 現在、日本国籍を持たない無戸籍の「日本人」が一万人にも及ぶという。しかし、この表現は正確ではない。制度では、戸籍を持たない人々は、日本人として認められないからだ。
 日本国民の登録を目的とした戸籍制度は、国家が国民を管理統合するために維持されてきた制度である。そのため、登録から直接・間接に除外された人々は、正しい日本人とは見なされない存在として長く差別や偏見の対象となり続けてきた。
 あわせて戸籍が「家」もしくは「家族」への所属を基本とし続けてきたことで、戸籍制度の存在は家に属していなければまっとうな日本人ではないという道徳律の定着を促す土壌でもあった。さらに言えば、国家とは究極的な一家であり、その家族の頂点に天皇が位置するという物語に順応するよう、戸籍制度は巧みに国民を誘導してきたのである。
 日本社会を語るとき、家族という概念に基づいて考察した思想研究はこれまで数多ある。しかし、家思想を制度的に強化してきた社会背景を語る方策として、家より排除された無戸籍に着目することを想起した筆者の着眼は、実にオリジナルかつシャープである。
 その上で日本社会の形成に強い影響を及ぼしてきた戸籍がなければ私たちの生活は立ち行かなくなるのかという問いに対する回答も明快に「ノー」だ。個人化・流動化が進むなかで、固定した家族や国民よりも、移動し得る個人である住民の権利確保こそが、行政では実質上重要視されている。公共サービスを受けるとしても、戸籍証明は今や形骸化した手続きの一部にすぎず、多くの場合、住民票で本来事足りる実情を、私は本書で初めて知った。
 制度運用の歴史でも、戦争によって戸籍を失った移民や残留者には思いのほか厳しく、一方で国内の棄児にはなぜか寛容であるなど、明確な基準は必ずしも存在してこなかったという。戸籍にまつわる国家の判断が状況に応じて機会主義・御都合主義的になされてきた事実を喝破できたのも、一般にはわかり得ないよう難解に表現された先例などの行政文書を、政治史学者として地道に読み込んできた筆者の技量によるところは大きい。
 社会・風俗にまつわる優れた学芸からは、その時代やその場所に生きた大衆の多様な喜怒哀楽や、そこから浮かび上がるやり切れない嗚咽やため息が、複層的に聴こえてくる感覚を覚えることがある。筆者は、現代社会を覆う無戸籍者に対するいびつな言説という実際の声に対する違和感が、執筆に挑む原動力につながったという。
 ただ本書は、無戸籍者の声を一つひとつ拾い集め、代弁するといった直接的なアプローチを意図的に選択しなかった。むしろ、戸籍制度を「安定的に維持することが国益になると信じる支配層が憑依したつもりで書くこと」を筆者は密かに心がけたという。そのアイロニカルな試みは、戸籍という奇異な社会装置を、躊躇なく受け入れ続け、周囲にある悲しみの存在の認識を怠ってきた我々読者に、静かな反省と憤りの感情を芽生えさせることに成功している。
 上位からの視線を敢えて演じつつ、制度に翻弄されてきた名もなき無戸籍当事者の姿を的確に描き出した遠藤氏の力量は、まぎれもなく社会・風俗部門の受賞に値するものである。

2017/11/14

文章の矢印

前回、「(金子)文子の思想が太い矢印のように地べたを走り始める」で終わったブレイディみかこさんの連載。11月号では冒頭で矢印が登場する。
クリスマス休暇をアイルランドで過ごしたマーガレットは、ダブリンの地下に溜まったマグマが巨大の矢印のように一つの方向に流れ始めているのを感じた。それは綿密に、周到に計画された軍事作戦ではなかったが、蜂起に向け静かに助走を始めた人々の情念にはやむにやまれるパワーがあった。
女たちのテロル 8 「鳩のように静かに、蛇のように企てよ」図書11月号

視覚的なものより、はるかに迫力がある。



文章に出てくるマーガレットとは誰なのだろう。先月号と今月号を読む限りで特定できない。

2017/11/11

投票率と教育

以下は、客観的な授業でなければなりません。と断ったうえでのアイゼンバルト先生の発言である。
ただ、私たちの歴史の中で、民主主義がナチスドイツを、ヒトラーを生んだということも事実です。現在の状況はその当時と似ている部分がある。AfD(保守強硬派「ドイツのための選択肢」)の台頭です。でも、今の政治に反対しているからAfDに投票する、という選択の仕方では困るのです。議会選挙は国民の代表を選ぶもの。反対意見を反映させる場ではないのです。
自分は何に賛成するのか、という視点を忘れないようにして、政治を、選挙を考えていってほしい。そうでないと同じ過ちを繰り返すことになる。そんな危機感も抱きながら、でも若い人たちに期待しながら、授業に臨んでいます。
アイゼンバルト先生は、ベルリン南部のゲーテ・ギムナジウム(公立の中高一貫校)で政治を担当している。ドイツでは選挙の日、生徒も本番同様の模擬投票を行い、翌日、投票結果が発表される。かれらの投票結果は、緑の党(GRÜNEN)が1位で33%、AfDは8人(%は不明だが、5%未満)

増田ユリヤ「私たちはどう選ぶ? ルポ ドイツ総選挙の現場から」「アスタ」12月号。

人畜無害どころか、「中立」と称して、あれもダメこれもダメの日本の学校とは大違い。ドイツの今回の総選挙は投票率76%。前回の5ポイント増(学校の投票率も75%と近い)。もし日本の教育が失敗だとしたら、選挙の扱い、社会問題、政治経済問題の扱い方だろう。

2017/11/05

名は体を……

宇宙飛行士 油井亀美也(ゆい・きみや)さん
 1970年、長野県生まれ。
 仕事のとき以外は甘やかされて育ったので、すごくおっとりした子どもでした。父方の親戚が付けた「亀美也」という名前は「(カメのように)ゆっくりでも少しずつ前に進んで目標を達成する人に」という思いが込められています。名前の通り、子どものころは競争心がなく、運動会では転んだ子が起き上がるのを待って一緒にゴールしたりして、両親は歯がゆい思いをしたそうです。家計の事情もあり防衛大に入り、自衛隊に入隊したので、おっとりしているわけにはいかなくなりましたけど。
東京新聞朝刊 2017年11月5日「家族のこと話そう

「高度経済成長」の只中で万国博があった、あの年に「ゆっくり」。本人は「ゆっくり」を「おっとり」と解釈しているのがおもしろい。
「高度経済成長」は、農家の「家計の事情」を変えなかった。